がんストーリーは突然に~46歳、働き盛りの2児の母が直腸がんになった話~

2018年夏、元気印の働く母が突然がん患者になっちゃった…入院そして外科手術を経て、まだまだ続くがんストーリーを綴ります。

地元で、高校時代の友達にカミングアウトしてみた

2018年8月10日(金)

 

夜の雨が激しい。いま、2階の寝室でひとりでいるけれど、屋根を打つ雨の音がものすごくうるさい。昼間は晴れていたのに夜のこの雨はどういうことだろうか。恵みの雨には変わりないけれど。

 

さて今日は朝から忙しかった。朝食後すぐ、納骨堂へお参りに。いったん帰宅し10時からのオンラインレッスン。それから宅急便を受け取って、西風連のGonta Cafeでランチをした。以前いちど満席で振られたことのある、ゴンタカフェ。

f:id:calorina:20181231220856j:plain

念願のランチはとても美味しくて、コーヒーも美味しくて。看板犬の、ゴールデンドゥードルのゴンタくんもとても可愛い。朗らかで明るい真美さんと、名寄にいかに観光客を呼ぶか…などの話をしたのも楽しかった。このあたりの天塩川朱鞠内湖は、釣り人にとって聖地らしいと聞いた。ずっと住んでいると見えないことってあるよね。

 

ランチの後、外に出て周りを見たら、我が家の辺りより少し高いところにあるせいか、風景が開けていて空も高くて山も近くて、とてもいい感じの場所だ。ここなら確かにお客さん呼べるかも!

f:id:calorina:20181231221212j:plain


それから一旦帰って今度は母方の祖父母の納骨堂へ行き、お墓にお参りをした。それからまた一旦帰ってから、父と2人でゴルフの練習に出かけた。2コイン分の打ちっぱなしをしてその後アプローチの練習をした。アイアンがうまくいかないのは、今まで、球を置く位置が少し遠すぎたようだった。ほとんど太ももに着く位のところでクラブを構えて大きな円を描くように打てば、うまくアイアンが当たった。この調子だとアイアンはきっとうまくいく!父と二人、楽しい時間。こういうときはもう、完全にがんのことなど忘れているね…。

 

それから6時に約束していた、地元の高校の同級生3人との女子会へ。2年前にできたと言うAOZORA料理店は、ランチに訪れたゴンタカフェに続き、名寄とは思えないような素敵な空間であった。今日はスパークリングを2杯飲んでみんなに合わせた。ピザや野菜がとても美味しくて、手作りチーズもあった。とてもいいお店。

f:id:calorina:20181231221045j:plain



さぁ今日はみんなにカミングアウトするかどうか。楽しい話題が続いていて、ちょっと病気の話題にはふさわしくない雰囲気だな。でも途中でもう一人の友達が加わり、話がそっち方面の話題になった。この年頃になると、女子会では一つや二つは、やまい系の話が出るものだ。

f:id:calorina:20181231221108j:plain



そんな流れになったので、私は「ところで大腸内視鏡検査をしたことがある?」と聞いてみたら。今日のメンバーは誰1人おしりカメラの経験がなかった。そこで私のがんが見つかった話、ステージ1だという話をした。そうするとみんなは、意外と驚いていたのかどうかわからないけれど、そうなんだ…と言う感じで受け止めてくれた。そのうちみんなも、手術の経験があるよ、などと言う話をしてくれた。身近で聞いたがんの話とかね。みんないろいろあるよね。中にとてもポジティブな子がいてね。入院生活、そして手術を楽しんだと言う。

 

まぁ、私も多少はそういう気持ちがあるけれども、そこまで楽しめるだろうか?でも、みんなから、楽しんでおいでよ!と言われてね。なんだか、みんなもポジティブなので逆にびっくりしたよ。

 

そして、親には言えない…と言う話をしたら、みんな口を揃えて「それは言ったほうがいい!」と。ポリープを取る手術をする、と言う話でいいと。悪性かどうかは取ってみなければわからない、と言うことにして、取ってみたら悪性じゃなかったよ!と言う話にすれば良いと言う。なるほどな。みんなやたらと具体的で面白かった!でも確かにそうだと思う。みんなの提案はナイスアイデアだと思う。手術することは事実だけれども、余計な心配をかけないほうがいいからね。夫にも、その線で行くように言ってみようと思う。

 

明日はいよいよ夫がやってくる。久しぶりの北海道だから楽しみにしているはず。一方で、どうやって両親に伝えようか心配をしているとも思う。その事は、妹も心配している。でもポリープ作戦で行きたいと思うからきっと大丈夫。

f:id:calorina:20181231221016j:plain



ここにいると、がんのことを本当に忘れる気がする。本当に東京から、そして有明から離れていると、何もなかったみたいに思える。先週、先々週の、一連の怒涛の出来事が何にもなかったことみたいに思える。やっぱり北海道に帰ってきてよかった。こういう気持ちの切り替えは、きっととても大事だと思うから。今日もみんなに受け止めてもらえて、また少し心が軽くなったから。高校時代の友達みんな優しいなぁ。きっと結構びっくりしたと思うんだけれども。深刻に受け止めず、ポジティブに。とことんポジティブに受け止めてくれた。

 

そしてまた今日も私は、大腸内視鏡検査を強力にお勧めしておいた。とにかく外科手術になってからじゃ色々と取り返しがつかないことがあるからね。疑わしくなくても、早期に大腸内視鏡はやはりやった方が良い。私の今後のことを考えれば考えるほど、本当に強くみんなにそう訴えたい。

 

次の記事はコチラ。

c-calorina.hatenadiary.jp