がんストーリーは突然に~46歳、働き盛りの2児の母が直腸がんになった話~

2018年夏、元気印の働く母が突然がん患者になっちゃった…入院そして外科手術を経て、まだまだ続くがんストーリーを綴ります。

胃がんを抜いて、日本人のがん患者数トップとなった大腸がん

イムリーなことに、9月15日に国立がん研究センターから、最新がん統計が発表された。2016年にがんで死亡した人の数、そして2014年に新たにがんと診断された患者の数などが発表された。(ええと、今年は2018年なので、統計最新といえども4年前の数字なのですね…)

 

ganjoho.jp

 

それによると、2014年に新たにがんと診断された患者数は、前年から1万8578人増加したそうだ。男性が約50万人、女性が約37万人。がんにかかるのは男性のほうが多いのね。

 

そして衝撃だったのが、私がかかった大腸がんが、部位別患者数の男女全体において、胃がん(約12万6千人)を抜いて初めて最多になった(約13万4千人)!ということ。

 

1.大腸がん

2.胃がん

3.肺がん

4.乳がん

5.前立腺がん

 

が男女全体の患者数トップ5である。

 

ちなみに女性のみを見ると、

1.乳がん 約7万6千人

2.大腸がん 約5万7千人

3.胃がん 約3万9千人

 

ちなみに男性は、

1.胃がん 約8万6千人

2.肺がん 約7万6千人

3.大腸がん 同

 

となっている。

 

絵で見るともっとわかりやすいので、がん研究振興財団の資料「がんの統計’17」から拝借しますと…

(こちらは予測がん死亡数と予測がん罹患数、2017年のもの)

f:id:calorina:20180917164556j:plain

 

 

私も、女性ががんになると言えば、乳がんというイメージが強かった。でも意外と大腸がんが2位だし、さらにさらに、部位別がん死亡数で見ると(上の図)、大腸が女性のトップなんですけど…。

 

ということは、大腸がんって、時代のトレンドね?

私ってば、時代の最先端を行ってるのね?

…全然嬉しくないトレンドですが。

 

ところで、なぜ胃がんを抜いて大腸がんが全体患者数トップになったのか、ということの理由としては

 

胃がんの原因となるピロリ菌(汚染された水、田舎の井戸水など?から感染すると言われている)の感染者が、戦後、衛生状態の改善によって減ったため

 

ということが挙げられていた。

なるほど…。胃がんが減ったことで、大腸が多くなったというわけですな。

 

それともう一つ、よく言われていることとして、

 

・日本人の食生活が欧米化したこと

・日本人の高齢化が進んだこと

 

この2点が、大腸がん増加の要因とされている。

大腸がんは「生活習慣病」と言い切る先生もいらっしゃる。

 

http://www.jsge.or.jp/citizen/2006/kantou2006.html

 

生活習慣病ですか。

 

なんかあまり言われて嬉しくないフレーズ。がんになった自分の、これまでの生活習慣が真っ向から否定されている、みたいな。そんなネガティブな気持ち満載にさせてくれるフレーズである。

 

しかし自分にも、思い当たる節がないでもない。だからこそ、いやーな感じがするのである…。

 

⇒次の記事はこちら。

c-calorina.hatenadiary.jp