がんストーリーは突然に~46歳、働き盛りの2児の母が直腸がんになった話~

2018年夏、元気印の働く母が突然がん患者になっちゃった…入院そして外科手術を経て、まだまだ続くがんストーリーを綴ります。

大きな病院への紹介状はいつもらえるのかなぁ

2018年7月26日(木)

 

今日も仕事が忙しい一日だった。でも朝は電車に座れた。いつもより頑張って早く出て、各駅停車に乗ったのだ。うん、これは楽。

 

イベントのチラシをつくり、Web画面をつくり、新作動画の公開そしてそれらの広報。木曜日はいつも忙しいのだ。

 

忙しくしているとがんのことを忘れる・・・わけはなく。

 

午後、クリニックに電話して、次の土曜日の胃カメラ検査の後、その日のうちにすぐに検査結果がいただけるものかどうか。そして大きな病院への紹介状もその日のうちにいただけるかどうかを聞いた。

 

今の私の心は、とにかく、

「一刻も早く手術でがんを取ってしまいたい!」の一心である。

まだ、がんが確定したわけでもないのに、である(苦笑)。

先を先を読んでおきたい、という気持ちになっているのである・・・。

 

電話口では受付の女性が丁寧に回答してくれた。

一般的には紹介状はすぐに頂けることが多いらしいけど、状態によるみたい。まあ多分私の場合はすぐもらえるでしょう!いうことで。ちょっと安心。

 

このままうまくいけば、土曜日に紹介状をいただいて、翌々日の月曜日にはNTT関東のおおはた先生の外来に紹介状を持っていくことが出来そうだ。一緒に行ってくれる予定の夫が、すでに月曜日の診察を見越して休みをとってくれたことは無駄にならなさそう!

 

とにかく土曜日の胃カメラの結果を見て。そして、この間とった大きいポリープが悪性であるかどうか、病理検査の結果次第でコトは大きく動くことになるのだ。

でも自分の中ではもう覚悟みたいなものが出来ているから。どんとこい、土曜日。

 

次の記事はコチラ。

c-calorina.hatenadiary.jp